スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

G7伊勢志摩サミットの記念品について


今日から二日間、G7伊勢志摩サミットが開催されます。

サミットでは、各国の代表団や取材記者の方々に記念品をプレゼントすることが恒例になっているそうで、今回のサミットでも、記念品のつめあわせ『サミットバッグ』が製作されたそうです。

外務省『サミットバッグの製作・配布』URL
http://www.mofa.go.jp/mofaj/ms/is_s/page4_002058.html

その内容物の中に入っている熊野筆についてご紹介します。

伊勢志摩サミット熊野筆1 (2000x1500)

伊勢志摩サミット熊野筆2 (2000x1500)

全長約13cmのチークブラシ。穂先の素材は山羊毛です。

4月頃に外務省から当組合に依頼がありました。
町内に数社ある化粧筆業者の皆様に検討していただき、今回はそのうちの5社のご協力により、サミットバッグ用の別注品を特別に仕立てていただきました。
また、筆のみならず、梱包資材や印刷や出荷など、たくさんのみなさんにご協力いただいて、無事に立派な熊野筆を納品することが出来ました。

今頃、納品した4000本の筆たちは、たくさんの『日本のいいもの』が詰め込まれたサミットバッグの中で、きらりと光る魅力的な一品となり、日本の良さを世界にアピールしているのではないかと思います。


今回、本当に多くの皆様にご協力いただきました。
おかげさまで、無事今日を迎えることが出来ました。
本当にありがとうございました。

これからも『熊野筆』を、どうぞよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

| 熊野筆事業協同組合 筆組合ブログホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。